こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

環境配慮に向けた当社の考え方と重点目標

資源有効利用のための循環型社会の実現 ダイドードリンコは、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」というグループ理念のもと、美しい地球を次代に引き継ぐことができる持続可能な社会を目指しています。持続可能な社会の実現には、限りある資源の有効利用が欠かせないため、循環型社会を目指す必要があります。例えば、世界各地で関心が高まる「海洋プラスチック問題」については、使用済みペットボトルを原料化し新たなペットボトルに再利用する「ボトルtoボトル」の実現が求められ、そのためには質の高いペットボトルを安定的に回収する仕組みづくりが、飲料業界における重要な課題となっています。ダイドードリンコの主力は自販機ビジネスです。商品を販売するだけでなくペットボトルを含む容器の回収までが責任を果たすべきプロセスですが、当社の強みであるオペレーション力により、容器回収においても高い質を実現できると考えています。また、鉄資源の有効利用という点で課題となる自販機の長寿命化では、フロンティアベンダー※1の展開などにより、業界トップクラスの実績を誇っています。私たちは、スマートオペレーション※2を含む業務プロセスの効率性を高め容器回収の質を向上させること、自販機展開においても長寿命化を進め鉄資源などの廃棄を最小化すること、資源の有効利用に資する商品を提供することなど、サプライチェーン上の各重要ポイントにおいて、従業員をはじめとするステークホルダーとともに資源の有効利用を行うことで、持続可能な循環型社会を実現します。 ※1:延命化(ユニットの整備・入替)と機能付加した自販機 ※2:自販機のIoT化などによる効率的な管理・運営システム
資源有効利用のための循環型社会の実現 ダイドードリンコは、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」というグループ理念のもと、美しい地球を次代に引き継ぐことができる持続可能な社会を目指しています。持続可能な社会の実現には、限りある資源の有効利用が欠かせないため、循環型社会を目指す必要があります。例えば、世界各地で関心が高まる「海洋プラスチック問題」については、使用済みペットボトルを原料化し新たなペットボトルに再利用する「ボトルtoボトル」の実現が求められ、そのためには質の高いペットボトルを安定的に回収する仕組みづくりが、飲料業界における重要な課題となっています。ダイドードリンコの主力は自販機ビジネスです。商品を販売するだけでなくペットボトルを含む容器の回収までが責任を果たすべきプロセスですが、当社の強みであるオペレーション力により、容器回収においても高い質を実現できると考えています。また、鉄資源の有効利用という点で課題となる自販機の長寿命化では、フロンティアベンダー※1の展開などにより、業界トップクラスの実績を誇っています。私たちは、スマートオペレーション※2を含む業務プロセスの効率性を高め容器回収の質を向上させること、自販機展開においても長寿命化を進め鉄資源などの廃棄を最小化すること、資源の有効利用に資する商品を提供することなど、サプライチェーン上の各重要ポイントにおいて、従業員をはじめとするステークホルダーとともに資源の有効利用を行うことで、持続可能な循環型社会を実現します。 ※1:延命化(ユニットの整備・入替)と機能付加した自販機 ※2:自販機のIoT化などによる効率的な管理・運営システム
SDGs 12
このページの取り組みに対応するSDGs項目
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
SDGs 14
14.1 2025年までに、海洋堆積物や富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。