こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

トップメッセージ

代表取締役社長 中島 孝徳
「こころとからだにおいしいもの」をお届けするため、ダイナミックにチャレンジして参ります。

ダイドードリンコは1975年の創業以来、共存共栄の精神のもと、本物のおいしさにこだわった清涼飲料を、お客さまの最も近い場所に自販機を設置することでお届けして参りました。
地域の皆さまに、当社スローガンである「こころとからだにおいしいものを」お届けする。この志のもと、当社独自のユニークな製品や自販機の開発、そして様々なサービスに挑戦して参りました。
これはメーカーであると同時に、自販機をお客様との接点である大切な店舗である、と捉え取り組んできた当社の歴史にあります。

DyDoグループでは、2030年のありたい姿「DyDoグループミッション2030」を定めました。
国内飲料事業を担う当社は、これからも「人と社会と共に喜び、共に栄える」という企業理念のもと、地域社会への貢献を目指し、商品、自販機、サービスの価値を進化させ、お客さまの更なるご期待にお応えして参ります。

今、社会や人々の生活は過去にないスピードで変化しています。当社はこの変化を、更なる挑戦・変革の時と捉えています。私たちはその変化やそこから新たに生まれる課題やニーズを素早く捉え、柔軟に対応していくことで、お客さまの健やかな暮らしに貢献出来るよう尽力していく所存です。

これからも私たちは、お客様の最も近い場所でお客様が求めるものを最適な方法でお届けする。
この取り組みを当社全社員がダイナミックにチャレンジして参ります。
今後とも、より一層のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
中島 孝徳